初心者は失敗から学ぶ ワンルームマンション投資のカギを握る3つのポイント

初心者は失敗から学ぶワンルームマンション投資のカギを握る3つのポイント
初心者は失敗から学ぶワンルームマンション投資のカギを握る3つのポイント
初心者は失敗から学ぶワンルームマンション投資のカギを握る3つのポイント » 都内マンション相場と近隣主要エリア

都内マンション相場と近隣主要エリア【ワンルームマンション投資】

エリアによって異なる首都圏のワンルームマンションの利回り平均を紹介します。

マンションの利回り相場はエリアによって差がある

東京エリア

賃貸物件の需要の高さから、ワンルームマンション投資初心者でも成功しやすい東京エリア。1995年以降、転入者が転出者よりも多く、2018年現在も人口が増加中です。
投資用ワンルームマンションは80%が23区に集中していますが、利回りの動向は区ごとに異なるためエリア選びには専門的な知識が必要です。

東京エリアの利回り相場と特徴

東京23区の利回り相場:6.23%

葛飾区が23区内で最も高い8.06%の利回りになったのとは反対に、最も低い結果となったのが5.49%の千代田区。23区は空室リスクが低い一方、各エリアの利回りの変化が激しいのが特徴です。不動産投資の初心者は、豊富な知識を持ったプロに相談しながらエリアや物件を決めるのが良いでしょう。

神奈川エリア

東京では残っている土地が少なく新たなマンションの建築が難しいため、新たな不動産投資初心者向けのエリアとして注目されている神奈川県。新築の分譲マンションの建築数が東京に次いで多く、毎年埼玉や千葉の2倍となる3万戸のマンションが着工されています。なかでも横浜市と川崎市の賃貸物件の需要が高く、取引件数が増加傾向に。今後も人口の増加が予想されているエリアです。

神奈川エリアの利回り相場と特徴

横浜の利回り相場:7.99%

相模原の利回り相場:11.15%

同じ神奈川県内でも、3.16%も差があります。平均価格も横浜市1,242万円、相模原市605万円と約2倍の差が。しかし空き部屋率は横浜市が9.96%なのに対して相模原市は17.4%と高く、利回りだけで選ぶと空室リスクが高くなるかもしれません。

埼玉エリア

人口が毎年増えているだけでなく、「人口増減数の高い市町村」としてさいたま市が全国4位にランクインしており、今後の発展が期待できるエリアです。

駅から徒歩数分圏内・スーパーや飲食店などの周辺施設といったキャピタルゲイン(売却利益)にも関係する好条件な物件が多いのが特徴。なかでもさいたま市と越谷市が単身者からの需要が高く、ワンルームマンション投資に向いています。

埼玉エリアの利回り相場と特徴

埼玉の利回り相場:9.47%

首都圏の多くが前の年より利回りを下げているなか、埼玉エリアは2016年から1.6%上昇。平均価格は1,260万円で、横浜市とほぼ同額でした。

千葉エリア

新宿まで1時間でアクセスできる千葉市を中心に、単身者からの賃貸需要が高い千葉エリア。立地や周辺施設の条件が良い物件を、東京よりも安く購入できます。首都圏のなかで唯一利回りの平均が10%を超えている利回りの高さが特徴。需要の高いエリアを見極めて、高利回りのメリットを上手く活用するとインカムゲイン(家賃収入)が多くなります。
人口が毎年増加しているため、今後も安定的な需要が見込める、空室リスクの少ないエリアです。

千葉エリアの利回り相場と特徴

千葉の利回り相場:11.46%

利回り平均が10%を超えているのは、都内へ約1時間でアクセスできる千葉市。首都圏のなかでは珍しく、平均価格も1,000万円以下の779万円となっています。

ワンルームマンション投資
成功のカギはこの3つ!!

会社比較
を見る

見落としがちなこの3ポイントこそがワンルームマンション投資の成功の鍵!

  • point01
    管理手数料
  • point02
    敷金・礼金
  • point03
    修繕・回復
    費用負担

横浜の物件を紹介している新築の取引実績がある会社の中でも、サブリースの詳細が記載されている会社を選出。3つのポイントを比較しました。

ワンルームマンション投資会社比較一流投資家が見るべきポイント