初心者は失敗から学ぶ ワンルームマンション投資のカギを握る3つのポイント

初心者は失敗から学ぶワンルームマンション投資のカギを握る3つのポイント
初心者は失敗から学ぶワンルームマンション投資のカギを握る3つのポイント
初心者は失敗から学ぶワンルームマンション投資のカギを握る3つのポイント » マンション投資会社一覧

ワンルームマンション投資会社一覧

ワンルームマンション投資を成功させるには、物件紹介や管理業務の代行・収支計画のサポートなどをしてくれる不動産管理会社選びが重要です。数ある会社を比較・検討するうえで押さえておくべき4つのポイントを解説しています。また、人気のマンション投資会社を一覧でご紹介しているので、4つのポイントを踏まえてご覧ください。

ワンルームマンション投資会社の選び方

ワンルームマンション投資会社選びで押さえておくべきポイントは次の4つです。

1.投資物件の取り扱いエリア

ワンルームマンション投資で家賃収入を得るには、入居者を確保する必要があります。空室期間をなるべく作らないためにも、ワンルームマンションの需要が高いエリアの投資物件を豊富に取り扱っている会社を選びましょう。マンション需要が高いのはターミナル駅周辺の築浅物件です。競合マンションが少ないので、入居者が集まりやすい傾向にあります。

2.ファイナンシャルプランナー在籍の有無

ワンルームマンション投資成功のカギを握っているのは収支計画です。想定家賃収入が大きく外れたり、支出の見落としがあったりすると利益を生むどころか赤字になってしまいます。収支計画のプロ「ファイナンシャルプランナー」が在籍している会社を選べば、見落としのない収支計画を立てられるでしょう。

3.管理手数料の安さ

管理手数料は毎月発生する支出です。もし空室期間が長引いて家賃収入を得られない期間が生じても、管理手数料は毎月発生します。万が一の事態に備えて、管理手数料が安い会社を選んでおくのがベターです。

4.修繕費用負担や家賃保証(サブリース契約)の有無

ワンルームマンション投資のリスクヘッジとなるポイントです。ワンルームマンションの入居者は、一棟マンションの入居者に比べて入退居の頻度が多いと言われており、入退居の度に原状回復工事やリフォーム工事が発生します。修繕工事費用は1回あたり10~15万円かかる大きな支出です。その間、入居者が見つからなければ家賃収入も得られません。
そのような事態からマンションオーナーを守ってくれる修繕費負担システムや家賃保証サービスを設けている会社を選べば、収支計画通りに利益を上げやすいでしょう。

新築マンション投資の会社

新築マンションは全額融資を受けやすいので、資金がない人でも始めやすい投資物件です。ワンルームマンション投資用の新築マンションを取り扱っている会社を7社紹介しているので、管理手数料や修繕費、エリア別取り扱い物件数などをチェックしてみてください。

新築マンション投資の会社

関東圏の中古マンション取り扱い会社を10社紹介しています。中古マンションは家賃の大きな変動がないため、収支計画を立てやすい投資物件です。ただし、劣化による修繕・リフォーム工事が発生しやすいので、修繕費負担システムのある会社を選ぶことをおすすめします。

ワンルームマンション投資
成功のカギはこの3つ!!

会社比較
を見る

見落としがちなこの3ポイントこそがワンルームマンション投資の成功の鍵!

  • point01
    管理手数料
  • point02
    敷金・礼金
  • point03
    修繕・回復
    費用負担

横浜の物件を紹介している新築の取引実績がある会社の中でも、サブリースの詳細が記載されている会社を選出。3つのポイントを比較しました。

ワンルームマンション投資会社比較一流投資家が見るべきポイント