初心者は失敗から学ぶ ワンルームマンション投資のカギを握る3つのポイント

初心者は失敗から学ぶワンルームマンション投資のカギを握る3つのポイント
初心者は失敗から学ぶワンルームマンション投資のカギを握る3つのポイント
初心者は失敗から学ぶワンルームマンション投資のカギを握る3つのポイント » マンション投資会社一覧

ワンルームマンション投資会社一覧

ワンルームマンション投資を成功させるには、物件紹介や管理業務の代行・収支計画のサポートなどをしてくれる不動産管理会社選びが重要です。数ある会社を比較・検討するうえで押さえておくべき4つのポイントを解説しています。また、人気のマンション投資会社を一覧でご紹介しているので、4つのポイントを踏まえてご覧ください。

ワンルームマンション投資会社の選び方

ワンルームマンション投資会社選びで押さえておくべきポイントは次の4つです。

1.投資物件の取り扱いエリア

ワンルームマンション投資で家賃収入を得るには、入居者を確保する必要があります。空室期間をなるべく作らないためにも、ワンルームマンションの需要が高いエリアの投資物件を豊富に取り扱っている会社を選びましょう。マンション需要が高いのはターミナル駅周辺の築浅物件です。競合マンションが少ないので、入居者が集まりやすい傾向にあります。

2.ファイナンシャルプランナー在籍の有無

ワンルームマンション投資成功のカギを握っているのは収支計画です。想定家賃収入が大きく外れたり、支出の見落としがあったりすると利益を生むどころか赤字になってしまいます。収支計画のプロ「ファイナンシャルプランナー」が在籍している会社を選べば、見落としのない収支計画を立てられるでしょう。

3.管理手数料の安さ

管理手数料は毎月発生する支出です。もし空室期間が長引いて家賃収入を得られない期間が生じても、管理手数料は毎月発生します。万が一の事態に備えて、管理手数料が安い会社を選んでおくのがベターです。

4.修繕費用負担や家賃保証(サブリース契約)の有無

ワンルームマンション投資のリスクヘッジとなるポイントです。ワンルームマンションの入居者は、一棟マンションの入居者に比べて入退居の頻度が多いと言われており、入退居の度に原状回復工事やリフォーム工事が発生します。修繕工事費用は1回あたり10~15万円かかる大きな支出です。その間、入居者が見つからなければ家賃収入も得られません。
そのような事態からマンションオーナーを守ってくれる修繕費負担システムや家賃保証サービスを設けている会社を選べば、収支計画通りに利益を上げやすいでしょう。

新築マンション投資とは

新築のマンションを購入し、賃貸によって家賃収入を得ることが新築マンション投資です。建物1棟をイメージされる方も多いのですが、一部屋だけを区分購入することも可能少額の自己資金で始めやすく、空室リスクの対策ができることから人気を集めています。

新築マンション投資のメリット・デメリット

メリット

融資の審査が通りやすい

新築マンション投資は、中古に比べて「物件の担保価値」が高いと判断されることから、融資の審査が通りやすくなっています。

安定した収入が得られる

新築は入居者にとっても、中古と比べて見た目の華やかさやオートロックといった条件のそろったものが多く、入居率もそこそこ見込めます。管理会社によっては家賃保証付きで安定した収入を得られるのが強み。

デメリット

物件価格が割高

中古マンションに比べて、物件価格が割高です。特に都心部などの人気エリアは物件価値が特に高くなる傾向があります。人気エリアであっても入居率があまり高くならないマンションもあるので、物件の価値に見合うだけのリターンを考えて選ぶとよいでしょう。

大きく値下がりする可能性も

新築時は家賃収入が安定しているものの、立地によっては数年で大きく値下がりするリスクも。築年数の経過とともに、価値が落ちてしまうのは仕方がないため、家賃の下落幅なども考慮して選ぶ必要があります。

新築マンション投資の会社の選び方

新築マンション投資は少ない自己資産で始められますが、収益を上げるには信頼できる販売会社・管理会社を選ぶことが大切です。販売時の契約や管理がずさんだと、退去者が増えて赤字経営になるケースもあります。投資をする際は、販売・管理会社のサポート内容はもちろん、口コミや評判を参考にしながら信頼できる会社かどうかよく見極めて、契約しましょう。

新築マンション投資をした人の口コミ

新築マンション投資会社一覧

新築マンションは全額融資を受けやすいので、資金がない人でも始めやすい投資物件です。ワンルームマンション投資用の新築マンションを取り扱っている会社を7社紹介しているので、管理手数料や修繕費、エリア別取り扱い物件数などをチェックしてみてください。

湘建

湘建では集金代行や管理業務サポートが充実しており、初心者でも失敗しにくいマンション投資を実現しています。サービス内容や会社の特徴についてまとめているので、安定した投資がしたい方は一度チェックしておきましょう。

シノケンハーモニー

50%のオーナーがリピート購入をするというシノケンハーモニーのマンション投資。会社の特徴やサポート、付加サービスを紹介します。投資後も利益を上げられるシステムやサポート体制は、投資家にとって大きな魅力と言えるでしょう。

金太郎カンパニー

専門チームで徹底した物件管理をしている金太郎カンパニー。マンション購入後も続くオーナーへのサポートや、空室を作らないための工夫をまとめています。経営時に空室を作りたくない方は、検討してみるのも一つの手。

グローバル・リンク・マネジメント

グローバル・リンク・マネジメントでは、利益と安全性を追求したマンション投資を手助けしてくれます。長期のサブリース保証や24時間遠隔監視システムなど、魅力的なサポートが多数。利益だけでなく安全も重視する方におすすめです。

ビージョイント

不動産投資専門のビージョイントは、専門家の作成指導を受けた収支シミュレーターが魅力。他にも長期比較や投資に役立つサービスを紹介しています。マンション投資で長期経営を考えている方はぜひチェックを。

インヴァランス

マンション投資に関する各種サービスを提供するインヴァランス。都心に限定した物件だけを扱っているのが特徴です。資金コンサルティングや無料セミナーなどの役立つサポートをまとめているので、検討してみてはいかがでしょうか。

クレアスライフ

クレアスライフは初めての方でもしっかり経営できるように、マンション投資をグループ全体でサポートしてくれます。ここでは扱っている一口家主やサブリース保証などをご紹介。コストを抑えた投資をしたいなら、見ておいて損はないでしょう。

中古マンション投資とは

中古マンションを購入し、それを他の人に貸し出して家賃収入を得る投資方法のことです。融資を利用することで自己資金が少額でも投資をはじめられ、入居者がいれば毎月安定した家賃収入が得られます。堅実な資産運用や節税対策、また「自分にもしものことがあった際に家族に資産を残しておきたい」という方には生命保険代わりとしても活用できる、株やFXとは違う魅力を持った投資方法です。

とくにおすすめなのは、ワンルームマンション投資。初期費用が少額で済むのではじめやすく、複数の物件も所有できます。マンション1棟ではなく複数の物件に投資しておけば、人気エリアの移り変わりや自然災害といった立地リスクも分散できますよ。

中古マンション投資のメリット・デメリット

メリット

投資にかかる初期費用を抑えられます。新築物件にかかる購入費用で、複数の中古物件を購入できることもあるそう。自己資金やローンの金額がすくなくなる分、投資のリスクを軽減できます。

すでに入居者がいる場合、どんな方が住んでいるのか事前に分かるのが、中古マンションならではのメリット。今までの入居率も確認でき、安定して家賃収入が得られるかという指標も得られます。

デメリット

購入費用は中古マンションのほうが安いものの、新築マンションのほうが融資を受けやすい傾向にあるそうです。

新築と比べると建物が古く、修繕費が発生しやすいのが中古マンションのデメリットです。年数や修繕状況は必ず確認するようにしましょう。

中古マンション投資の会社の選び方

まずは相談に分かりやすく答えてくれるか、投資のメリットだけでなくデメリットも説明してくれるかで優良な会社かどうかを見極めましょう。
不動産投資会社のなかでも、中古マンションに特化した専門会社がおすすめです。中古マンションに関する知識やノウハウを豊富に有しているので、安心して依頼できますよ。また、物件購入後の賃貸管理サポート内容も必ず確認してくださいね。代行してくれる業務内容や月額料金、口コミ・評判までしっかりチェックするのがおすすめです。

中古マンション投資をした人の口コミ

中古マンション投資会社一覧

関東圏の中古マンション取り扱い会社を10社紹介しています。中古マンションは家賃の大きな変動がないため、収支計画を立てやすい投資物件です。ただし、劣化による修繕・リフォーム工事が発生しやすいので、修繕費負担システムのある会社を選ぶことをおすすめします。

セルゲートジャパン

ワンルームマンションの仕入れから販売までフルサポートする「ワンルームダイレクト」を採用しています。仲介会社を通さず、不要な中間コストを省けるので利益製の高い取引が実現。多数のオーナーに支持されており、年間1,0000件に及ぶ投資実績を持っています。

ランドネット

1,600人以上のオーナーが利用するランドネットは、高い情報発信力が魅力の不動産会社です。4,000件以上の賃貸仲介会社に物件情報を毎日配信しており、年間平均入居率は98.1%を達成。滞納家賃を回収する専門チームを用意し、家賃滞納率は0.5%に抑えています。

SGS

東京都内、とくに新宿エリアに強い会社です。不動産売買の仲介や賃貸管理業務、また不動産コンサルティングと幅広く事業を展開しています。オーナーが提示する条件に合った物件を探してくれるサービス「希望物件リクエスト」を行なっているので「良い物件に出会えない…」という方におすすめです。

ランドアセット(マイライド)

全国に支店を展開しているネットワークを最大限に活かし、国内の投資用不動産情報を収集しています。空室リスクのすくない都心部はもちろん、高利回りが期待できる郊外での投資も可能。中古マンション購入の際は今までの賃貸履歴や修繕状況などの詳細データも提供してくれます。

日本財託

空室を減らし、安定した家賃収入をオーナーに届けるため「入居者募集業務の人員を増やす」「年中無休で入居者を受け入れる」などさまざまな取り組みを行なっています。手厚いサポートや充実した保証制度、毎月開催される投資セミナーも日本財託の魅力です。

レイニッチ

「オーナーの意向にあった賃貸経営」をモットーにしており、きめ細かな報告・連絡・相談が特徴の中古ワンルームマンション投資会社です。物件購入時は宅地建物取引士が不動産契約について丁寧に説明。ローンや不動産登記、保険手続きまでサポートしてくれますよ。

東京リバックス

投資に関する無料セミナーや土日対応もできる個別相談会、オーナー向けの勉強会を実施しています。投資で失敗しないために、しっかりと勉強して知識を深めたいという方におすすめ。賃貸管理や補修工事はグループ会社が請け負ってくれます。

日本クリード

豊富な投資実績があり、国内の投資用中古マンションの情報を熟知している日本クリード。入居者の身元調査や連帯保証人の確認といった入居者審査を徹底しており、トラブル防止に努めています。オーナー専用システムを導入しており、24時間いつでも管理状況を確認できるのが特徴です。

ジーイークリエーション

ファイナンシャルプランナーが在籍しており、オーナーの収入やライフプランに合わせた最適な資産設計を提案してくれます。北海道から沖縄まで全国に住むオーナーの東京ワンルームマンション投資をサポートしてきた経験があり、地方からの投資も可能。出張相談も受け付けています。

GAテクノロジーズ

不動産投資家向けのアプリを開発・運営しています。物件情報の確認や投資のシミュレーション、契約書の管理までできるアプリでGAテクノロジーズのオーナーであれば誰でも利用可能です。また充実した賃貸管理サービスを月額1,080円で提供しています。

ワンルームマンション投資
成功のカギはこの3つ!!

会社比較
を見る

見落としがちなこの3ポイントこそがワンルームマンション投資の成功の鍵!

  • point01
    管理手数料
  • point02
    敷金・礼金
  • point03
    修繕・回復
    費用負担

横浜の物件を紹介している新築の取引実績がある会社の中でも、サブリースの詳細が記載されている会社を選出。3つのポイントを比較しました。

ワンルームマンション投資会社比較一流投資家が見るべきポイント