初心者は失敗から学ぶ ワンルームマンション投資のカギを握る3つのポイント

初心者は失敗から学ぶワンルームマンション投資のカギを握る3つのポイント
初心者は失敗から学ぶワンルームマンション投資のカギを握る3つのポイント
初心者は失敗から学ぶワンルームマンション投資のカギを握る3つのポイント » 体験談から見るマンション運用のいろは » マンション投資の失敗談 » 収支がマイナス?一つの見落としが招いたオーナーの悲劇

収支がマイナス?一つの見落としが招いたオーナーの悲劇

マンション投資をするうえで何よりも怖いのが、損失を被ること。こちらでは、収支にまつわる失敗経験を持つオーナーの体験談を紹介します。赤字を出さないためのリスクヘッジについても分析していますので、ぜひご一読ください。

マンション投資・収支の失敗談

年間12万円以上の赤字が続きました。

老後のことが不安で、投資用に新築ワンルームマンションを購入しました。2,800万円でしたが、家賃収入があれば返済できるし、老後も安泰だと考えていたので問題ないと考えていたんです。30年ローンで購入し、月々10万円ずつ返済していくことになりました。しかし、実際の家賃収入は毎月9万円。この時すでに1万円の赤字だったのですが、「月々1万支払うだけで30年後はあなたのマンションです」というセールストークを鵜呑みにしてしまいました。入居者が出て行ってしまうと、家賃収入がなくなるどころか、管理費や修繕積立金などを私が肩代わり赤字続きでマンションを手放すことに…。

年間200万円のキャッシュアウトに首が回りません。

12年前からマンション投資を始め、現在は8室のオーナーをしています。8室に増やせる程度にはうまくいっていましたが、ここにきて月々20万円の赤字が続いている状況です。年間の損失は200万円にものぼります。そのうえ、8室のうち2室から退居予告されました。もうじき、新しい入居者を募集するための広告料や修繕費が数十万円必要になります。売却してしまえればそれで良いのですが、残っているローンを一括返済して抵当権を外さなければいけません。打つ手がなく、途方に暮れています

想定外の原状回復費と家賃の値下げに苦しんでいます。

築20年以上の中古ワンルームマンションでしたが、利回り10%という高さに惹かれて購入しました。すぐ入居者が決まり、安心していたのもつかの間。一年後、管理をお願いしている不動産会社から「今の入居者が退居することになった」と連絡が入りました。退居は仕方がないことなので構わないのですが、原状回復費が30万円ほどかかるとのことで、私が負担せざるを得ない状況に。その後、同じ家賃では入居者が決まらず、半年後に1万円値下げする形でようやく決まりました。原状回復費や空室の間のローン返済で、貯金はほとんどなくなってしまって、今後また退居された時のことが不安でなりません。

収支の失敗談を分析

最初こそうまくいっていたものの、だんだんと雲行きが怪しくなり、気づいた時にはどうしようもない状況になっているオーナーがたくさんいるようですね。年間の収支計算はもちろん、退居時に必要な諸費用を考慮しておかなければ、後悔するのは未来の自分です。
今回、失敗談を紹介してくれたオーナーに共通しているのが、管理を任せている会社からの手厚いサポートがないこと。「もう首が回らない」と困った時、親身になって相談にのり、軌道修正するための方法を提案してくれるサポーターがいれば、安心して投資を続けられます。
収支計画や諸々の手配など、管理にまつわる業務が苦手なのであれば、各種保証が充実している管理会社に一任するのがおすすめです。

ワンルームマンション投資
成功のカギはこの3つ!!

会社比較
を見る

見落としがちなこの3ポイントこそがワンルームマンション投資の成功の鍵!

  • point01
    管理手数料
  • point02
    敷金・礼金
  • point03
    修繕・回復
    費用負担

横浜の物件を紹介している新築の取引実績がある会社の中でも、サブリースの詳細が記載されている会社を選出。3つのポイントを比較しました。

ワンルームマンション投資会社比較一流投資家が見るべきポイント