初心者は失敗から学ぶ ワンルームマンション投資のカギを握る3つのポイント

初心者は失敗から学ぶワンルームマンション投資のカギを握る3つのポイント
初心者は失敗から学ぶワンルームマンション投資のカギを握る3つのポイント
初心者は失敗から学ぶワンルームマンション投資のカギを握る3つのポイント » 体験談から見るマンション運用のいろは » マンション投資の失敗談 » 購入費用で誤算。購入そうそうに痛手を負ったオーナーの失態

購入費用で誤算。購入そうそうに痛手を負ったオーナーの失態

マンション投資をするのであれば、購入費用の確認は重要です。購入費用の内訳に関しての失敗談から、成功するためのポイントを分析しましょう。

マンション投資・購入費用の失敗談

物件以外の諸費用がかかりすぎて頭金がゼロになった。

中古でマンションを購入したものの、想像以上に諸費用がかかってしまいました。貯金もあまりなく、頭金の費用もギリギリだったのですが、諸費用で貯金を全額使うはめに。リフォームも予定していたので、頭金がゼロになってしまいました…。結局、物件費用はローンを組んで捻出。諸費用とリフォームだけで420万円もかかり、これなら新築を買ったほうが良かったと後悔しました。中古の場合は、諸費用が想像以上にかかることを想定したうえで購入すべきだったと思います。

ローン対象に諸費用が含まれておらず、二重借金に。

自己資金0円から始められるという不動産投資のチラシを見つけ、投資の話をどんどん進めました。金融機関でローンの事前申請を行ない、審査が通ったところで契約。しかし、契約してから「物件費用以外の諸費用はローン対象外」とわかりました。諸費用を払えるだけの貯金もなく、結局親からお金を借りて全額支払うことに。金融機関の融資は通るものの、物件費用以外にかかるコストは自分で支払わないといけません。手痛い借金ですが、自己資金が完全に0円で始められることはないと勉強になりました。

内訳を確認しておらず、危うくキャンセルしかけました。

格安物件を買う際に融資を受けたのですが、物件費用以外にもさまざまな諸費用がかかることを見落としていて、危うく契約寸前で「やっぱり購入できません」となるところでした…。税金がかかることをすっかり忘れていたので、その分の費用を捻出するのも一苦労です。買ったのが格安物件だったので、他に借金をすることなく自己資金で賄えましたが、新築だったらと思うと冷や汗ものですね。

購入費用の失敗談を分析

購入費用で失敗した3人の失敗談ですが、3人とも物件費用以外のコストを考えていなかったのが問題でした。
マンション投資をする際は購入費用の内訳を考えておかないと、多額の借金で首が回らなくなるケースも。契約時は物件費用の他に税金やリフォーム費用、各種手数料などの諸費用がかかるため、十分な資金を用意しておくことが大切です。目安としては、物件費用の一割ほど。諸費用を含めたコストを支払える資金があれば、問題なく契約できます。
いかに借金を作らず支払いを進めるか、がマンション投資の成功ポイントといえるでしょう。契約会社によっては事前に説明してくれるため、信頼できる会社を選ぶと購入費用での失敗リスクを下げることが可能です。

ワンルームマンション投資
成功のカギはこの3つ!!

会社比較
を見る

見落としがちなこの3ポイントこそがワンルームマンション投資の成功の鍵!

  • point01
    管理手数料
  • point02
    敷金・礼金
  • point03
    修繕・回復
    費用負担

横浜の物件を紹介している新築の取引実績がある会社の中でも、サブリースの詳細が記載されている会社を選出。3つのポイントを比較しました。

ワンルームマンション投資会社比較一流投資家が見るべきポイント