初心者は失敗から学ぶ ワンルームマンション投資のカギを握る3つのポイント

初心者は失敗から学ぶワンルームマンション投資のカギを握る3つのポイント
初心者は失敗から学ぶワンルームマンション投資のカギを握る3つのポイント
初心者は失敗から学ぶワンルームマンション投資のカギを握る3つのポイント » 体験談から見るマンション運用のいろは » マンション投資の失敗談 » 退居後の修繕費で利益が削られたオーナーの憂い

退居後の修繕費で利益が削られたオーナーの憂い

入居者が出ていく際に発生する修繕費で失敗してしまった、オーナーの体験談を3つご紹介。失敗談をもとに、マンション投資成功の秘訣を分析します。

マンション投資・修繕費の失敗談

退居に伴う修繕費ですっかり赤字に…。

利回りの高さにつられて、地方でワンルームマンションを購入しました。うまくいっていたかのように思えたマンション投資の穴に気づいたのは、入居者が退居した時。家賃3万円の部屋に対して、内装の修繕に10万円もかかってしまったのです。さらにエアコンが故障し、設置代金としてさらに10万円飛んでしまいました。家賃が少ないと、修繕費を回収するのも一苦労。家賃3万円では、内装・エアコン・給湯器といった費用負担のリスクが高まるのだと知りました。

大規模修繕で管理会社から高額請求!

不動産投資として、中古マンションを買いました。しかし、購入したマンションはしっかりとした修繕計画がされておらず、大規模修繕を必要とすることが発覚。それから少しして、管理会社より高額の修繕費が請求されました。工事にあたり、修繕費の積み立てが足りていないことが原因のようです。中古でマンションを購入する際は、これまでの管理状況も確認しておかなければならないと反省しました。

常に高額の修繕費を要求されました。

ワンルームマンションの管理をお願いしている不動産会社がたびたび修繕費を請求してきますが、ぼったくり感が否めません。水道の蛇口から水漏れがあるといって6万円以上の見積りを提示されましたが、私の近所の水道業者に依頼したところ3,000円で済みました。以前にも3万円で済むと聞かされて了承した修繕が、5万円になっていたことがあります。明細書を要求していますが、なかなか送ってきません。この不動産会社のことはもう信用できないので、今後の修繕は自分で業者を手配しようと思います。

修繕費の失敗談を分析

入居者の退居時に必要になる修繕費ですが、予想外の事態で高額になってしまうことがあるようです。
中古マンションだったために、内装の修繕や新しいエアコンの設置など、家賃でまかなえないほどの費用がかかってしまったオーナー。そして、明細書のない修繕費をたびたび要求してくる不動産会社と闘っているオーナーもいました。
中古マンションを購入するなら、これまでの管理状況を確認しておく必要があります。新築マンションであっても、入居者との間を取り持つ管理会社は信頼できるところを選ばなくてはなりません。
マンション投資で失敗しないためには、「どの管理会社も同じ」と考えず、先を見越したサポートのある管理会社に任せるようにしましょう。

ワンルームマンション投資
成功のカギはこの3つ!!

会社比較
を見る

見落としがちなこの3ポイントこそがワンルームマンション投資の成功の鍵!

  • point01
    管理手数料
  • point02
    敷金・礼金
  • point03
    修繕・回復
    費用負担

横浜の物件を紹介している新築の取引実績がある会社の中でも、サブリースの詳細が記載されている会社を選出。3つのポイントを比較しました。

ワンルームマンション投資会社比較一流投資家が見るべきポイント