初心者は失敗から学ぶ ワンルームマンション投資のカギを握る3つのポイント

初心者は失敗から学ぶワンルームマンション投資のカギを握る3つのポイント
初心者は失敗から学ぶワンルームマンション投資のカギを握る3つのポイント
初心者は失敗から学ぶワンルームマンション投資のカギを握る3つのポイント » 体験談から見るマンション運用のいろは » マンション投資の失敗談 » リスクまで考えていなかった 後先考えずに失敗したオーナーの疎慢

リスクまで考えていなかった 後先考えずに失敗したオーナーの疎慢

ワンルームマンション投資には、マンションオーナーならではのリスクが生じるものです。投資家たちの失敗談を元に、どのようなリスクが失敗を招いたのか、回避できる方法はないのか探っていきましょう。

マンション投資・オーナーのリスクに関する失敗談

話を鵜呑みにせずに空室保証を選ぶべきでした

あの時、空室保証を選んでおけば…と後悔しています。好立地の築浅物件を購入した際、営業さんから空室保証は手数料が高いから一般管理で契約した方が良いとすすめられました。担当さんは、この部屋には既に入居者が居るし、仮に退居したとしても条件がいい物件だからすぐに入居者が見つかるだろうという考えです。初めての不動産投資で舞い上がっていた私は、言われるがままに一般管理で契約。
しかし、実際には次の入居者が全然見つかりませんでした。空室期間が長引くと家賃収入はゼロなので心が休まりません。オーナー業を始めてから知ったのですが、ワンルームマンションで一人暮らしする方って、同じ場所に長期間住まないから、入退居が頻繁なんです。その度にリフォーム代が発生して、入居者募集の広告を出して…完全に赤字です。

家賃収入とリフォーム費用のリスクヘッジ不足

ワンルームマンション投資を始めた当初はそれなりに順調でした。大きな利益はないにせよ、毎月ローンとの差額が振り込まれていたのでコツコツ資産を蓄えられると思っていたんです。
問題が起きたのはマンション投資を始めてから3年ほど経った頃。私は2室のワンルームマンションを所有していたのですが同時に空室になってしまい、家賃収入が途絶えてしまいました。また、退居した部屋のリフォーム費用が15万円ほど発生。入居の募集をかけるも2か月間は住む人が見つからず、大赤字となりました。
ようやく入居者が決まった頃には、当初想定していた家賃から5万円ほどダウン。収支計画はめちゃくちゃです。リスクヘッジが足りなかったと後悔しました。

管理手数料をケチったら出費が増えて後悔しています

ワンルームマンション投資を始めた頃はサブリース契約で計画通りに進んでいたんです。私の場合、さらなる欲が出てしまった結果、失敗してしまいました。インターネットや本で目にした「一般管理にすれば手数料が安くなる」という言葉を真に受け、サブリースの契約内容を変更したんです。
実際には、手数料が減った以上に出費が増えました。入居者が入れ替わる度に高額なリフォーム代やクリーニング代を支払わなければいけません。空いた部屋は2~3か月ほど入居者がつかず、その間の家賃収入はありません。
目先の安さに手を出してしまった自分の考えの甘さを恥じています。

オーナーのリスクに関する失敗談を分析

ワンルームマンション投資でオーナーが負うリスクは「収支の不安定さ」です。空室になるタイミング、部屋のクリーニング代やリフォーム代が発生する頻度、新しい入居者が見つかるタイミングなど、推測はできますが100%ではありません。
マンション投資を始める前に入念な収支計画を練っていても、入居者がつかずに家賃が下がれば当初の計画は狂います。

マンションオーナーのリスクを軽減するには、空室時の家賃保証や退居部屋の修繕費負担、入居者募集などを対応してくれる管理会社の力をかりましょう。
サブリース契約の管理手数料が安い会社をまとめているので、オーナーリスクへの対策としてご覧ください。

ワンルームマンション投資
成功のカギはこの3つ!!

会社比較
を見る

見落としがちなこの3ポイントこそがワンルームマンション投資の成功の鍵!

  • point01
    管理手数料
  • point02
    敷金・礼金
  • point03
    修繕・回復
    費用負担

横浜の物件を紹介している新築の取引実績がある会社の中でも、サブリースの詳細が記載されている会社を選出。3つのポイントを比較しました。

ワンルームマンション投資会社比較一流投資家が見るべきポイント