初心者は失敗から学ぶ ワンルームマンション投資のカギを握る3つのポイント

初心者は失敗から学ぶワンルームマンション投資のカギを握る3つのポイント
初心者は失敗から学ぶワンルームマンション投資のカギを握る3つのポイント
初心者は失敗から学ぶワンルームマンション投資のカギを握る3つのポイント » 体験談から見るマンション運用のいろは » マンション投資の成功談 » 大家として家賃収入を安定化させるオーナーのセオリー

大家として家賃収入を安定化させるオーナーのセオリー

家賃収入に関する投資家の成功談をご紹介しています。大家になって安定した家賃収入を得るには、管理手数料や修繕工事などの経費、入居率を上げるコツや家賃回収の方法など、様々な課題をクリアしなければなりません。成功談を元に、成功の秘訣を分析してまいりましょう。

マンション投資・家賃収入の安定化に関する成功談

管理会社にコツを教わって入居率100%になりました

私が安定した家賃収入を得られるようになったのは管理会社の力が大きいですね。というのも、不動産投資を始めた当初はなかなか人を集められなかったんです。入居率25%まで落ち込んだ時期もありました。
管理会社といい関係を築けるようになったのは不動産投資を始めてから2年ほど経った頃。リフォーム工事や経費削減のコツを教えてもらった結果、入居率は100%、利回りは8.8%!
現在は年間5,000万円の家賃収入があります。個人的には、50~100戸ぐらいがベストだと考えているので、これ以上物件を増やす予定はありません。むやみやたらに物件数を増やすよりも、早めにローンを払い終えて利益を得る仕組みを安定させることが成功の秘訣だと思います。

「しっかり家賃を徴収する」と決意して投資を始めました

北海道の地方都市にワンルームマンションを所有していた者です。購入してから所有していた13年の間に得た家賃収入の総額は780万円、管理や修繕費などの経費総額は200万円でした。利益は580万円です。大きな利益を上げることは考えておらず、家賃をしっかり徴収できれば合格!と自分の中で決めて購入した物件だったので満足しています。
また、取得時よりも高い金額で売却できたので、大きな利益を上げられました。思ってもみなかった展開です。

成功している投資家はちゃんと勉強しています

儲かっている不動産投資家の友人たちに共通するのは、みんな投資ではなく「事業」として不動産賃貸業をやっていること。反対に、儲かっていないと嘆く人ほど、管理会社やコンサルタントのせいにばかりしている気がします。
成功者は真面目で真剣です。ひとつの事業を手掛けているという認識で、利回りについて勉強したり情報交換したり…そういう努力が成功へと結びついているのではないでしょうか。

家賃収入の安定化に関する成功談を分析

3人の成功談の共通点は、マンション購入前から「家賃回収」についてしっかり考えていること。マンションを購入したら不労所得が得られる…という考えではなく、独学や投資家同士の情報交換、管理会社へ相談することで、入居希望者が集まるエリアやリフォームのポイントを押さえていたようです。
また、購入後の収支を見据えるのも大切。管理手数料や修繕費などの経費、ローンの支払額などを踏まえたマネタイズを持っていれば、安定した家賃収入を得られるでしょう。

リーズナブルな管理手数料と修繕費負担システムで注目を集めている会社をピックアップしているので、経費を抑えて安定した家賃収入を得る1つの方法としてお役立てください。

ワンルームマンション投資
成功のカギはこの3つ!!

会社比較
を見る

見落としがちなこの3ポイントこそがワンルームマンション投資の成功の鍵!

  • point01
    管理手数料
  • point02
    敷金・礼金
  • point03
    修繕・回復
    費用負担

横浜の物件を紹介している新築の取引実績がある会社の中でも、サブリースの詳細が記載されている会社を選出。3つのポイントを比較しました。

ワンルームマンション投資会社比較一流投資家が見るべきポイント