初心者は失敗から学ぶ ワンルームマンション投資のカギを握る3つのポイント

初心者は失敗から学ぶワンルームマンション投資のカギを握る3つのポイント
初心者は失敗から学ぶワンルームマンション投資のカギを握る3つのポイント
初心者は失敗から学ぶワンルームマンション投資のカギを握る3つのポイント » 体験談から見るマンション運用のいろは » マンション投資の成功談 » 投資による利益を高めたオーナーの奇策

投資による利益を高めたオーナーの奇策

マンション投資で利益を上げた投資家たちのエピソードをご紹介しています。成功談を分析したところ、成功のカギは「将来を見据えた資金計画」にあるようです。家賃収入・ローンの支払い・経費のバランスや税金対策など、成功者たちが資金計画に組み込んでいたポイントを確認していきましょう。

マンション投資・家賃収入の利益に関する成功談

立地条件の良い物件を購入したら毎月2万円の利益

ワンルームマンション投資は、住んでいる場所を問わずに始められるがポイント。条件にこだわって利益を上げやすい投資方法だと思います。
私が暮らしているのは千葉県の地方ですが、投資物件は立地条件の良い都心に限定しました。購入したのは築7年、1,680万円の物件。頭金160万円で35年ローンを組み、家賃収入から月5万5,000円ほど返済しています。
管理費用や修繕積立金などの経費は9,800円。管理業務の代行費用は3,100円なので、毎月の支出額は6万8,000円ほど。家賃収入は9万円なので、毎月2万円以上の利益です。
今の年間利益は24万円なのでちょっとしたお小遣い感覚ですが、ローン完済後の年間利益は92万円超えになる予定なので楽しみです。

少額返済の長期ローンを組んで毎月の利益を確保

老後の収入対策として、20代のうちにワンルームマンション投資を始めました。空室をつくらないために、ワンルームマンションの需要が高い都心エリアの物件を購入。私は医師という職業柄、あまり副業に時間を割けないので、信用できる営業マンに管理業務のすべてを一任しています。
ワンルームマンション投資は長期ローンが組めたので、毎月のローン返済は家賃収入で補えました。税金も一時的に納めるだけで戻ってくるので、大きな出費を生まずに利益を上げられる画期的な投資方法ではないでしょうか。
前もって繰り上げ返済プランを作成しているので、状況次第で利息をカットすることもできますしね。
老後に必要な貯蓄額や家賃収入を得る対策を考えて、若いうちに始めたから成功に繋がったのだと思います。

定期預金よりも利回りが良い不動産投資で相続税対策

愛する一人娘になるべく多くの資産を残してあげたいと思い、不動産投資を始めました。家賃収入は大きいし、収めた税金は戻ってくるので、定期預金に預けておくよりもはるかに利回りが良いです。
不動産投資という形で資産を残そうと思ったきっかけは、父が亡くなったとき。約5,000万円の遺産に相続税が課され、愕然としました。頭を抱えていた私に、不動産投資をすすめてくれたのは友人です。話を聞くと、不動産なら相続税率を決める固定資産税評価額が4分の1以下になるとのこと。娘に資産を残すなら不動産投資しかないと確信しました。持ち家の他に投資物件を2件所有しています。

マンション投資の利益に関する成功談を分析

マンション投資で利益を上げられない人の多くは、想定家賃収入しか考えていないことに原因があります。
成功談を見ると、3人とも将来を見据えて投資物件を購入していたことが分かりました。マンション投資で利益を上げるには、入居者が集まるエリアの物件か、毎月の支出額、ローン完済後の利益、税金対策などを考えた資金計画を立てる必要があるのです。

資金計画を考えるのが苦手な方は、資金計画のプロ「ファイナンシャルプランナー」が在籍する管理会社に相談して、アドバイスを受けてみてはいかがでしょうか?

ワンルームマンション投資
成功のカギはこの3つ!!

会社比較
を見る

見落としがちなこの3ポイントこそがワンルームマンション投資の成功の鍵!

  • point01
    管理手数料
  • point02
    敷金・礼金
  • point03
    修繕・回復
    費用負担

横浜の物件を紹介している新築の取引実績がある会社の中でも、サブリースの詳細が記載されている会社を選出。3つのポイントを比較しました。

ワンルームマンション投資会社比較一流投資家が見るべきポイント